okane_kariru399

消費者金融ではなく銀行でお金を借りる3つのメリット

お金が必要なときに多くの人が利用を考えるのが消費者金融です。消費者金融のキャッシングなどはまさにスピーディーに対応してくれますので、必要なときにお金を借り入れることができます。とはいえ、実際に消費者金融ではなくて銀行でお金を借りることにはたくさんのメリットがあります。それは何でしょうか。今日はそのうちの3つを記したいと思います。

まず一つ目ですが、金利です。消費者金融よりも銀行でお金を借りたほうが圧倒的に金利が低くなります。基本的に消費者金融の場合、金利は18%がほとんどです。キャッシングなどの場合には借り入れ金額が小額のケースが多く、消費者金融は金利を上限ぎりぎりの18%に設定することで利益を得ているようです。銀行のカードローンなどの金利は高くても13%台が多くなっています。金利だけを比較しても単純に5%ほども差があるのです。もし、あなたの希望借り入れ金額がかなり大きく、また予定返済期間が長いものであれば、金利の差はトータルの返済金額にかなり大きな影響を及ぼしてきます。ぜひ、自分の借り入れ状況と返済プランを考える際に比較してほしいところです。

次に挙げることができるメリットは、利用限度額の高さです。銀行は総量規制の対象外となっています。総量規制とは年収3分の1を超える金額を借り入れることができないというものですが、これは消費者金融を対象とした規制なので、銀行は対象外となっています。それで、消費者金融の限度額よりもはるかに多くの金額を銀行でお金を借りることができるのです。

最後に挙げることができるメリットは、銀行の場合には専業主婦でもお金を借り入れることができます。先ほど述べた総量規制の対象外ですので、専業主婦のような年収がゼロの人でも配偶者の経済状況などが条件にかなっていれば、お金を借り入れることができるのです。

このように消費者金融ではなく、銀行でお金を借りることにはいくつかのメリットがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事