okane_kariru466

銀行からお金を借りるメリットとは?

お金を借りたいと思った時思い浮かべるのは銀行と消費者金融などどこから借りたらいいかに迷うところです。

消費者金融のほうが審査が甘いため利用する方は多いのが現状のようですが、銀行でお金を借りるという選択肢をお忘れではないですか?

銀行でも消費者金融と同じようなカードローンサービスなどを提供しています、利便性も消費者金融とほとんど変わらぬ利便性でお金を借りることができます。
銀行でお金を借りることによるメリットの一番大きな理由はやはり金利が低いということです、お金を借りた時は必ず利息が発生しますので低金利であるほど返済が楽になるわけですからこれは大きなメリットと言えます。

金融緩和によって新しい銀行も設立されています、特にネットバンク系では低金利で利用できるローンサービスを提供して口座を増やそうといった動きが見られます、そういった低金利ローンはいつまでも継続するかどうかわかりませんので早めに契約しておいたほうがいいかもしれません。

実は消費者金融には総量規制と呼ばれる規制があるため年収が低い方や収入がない主婦などの場合契約すらできないようになっています、銀行の場合はその総量規制の管轄外ですから総量規制に引っ掛からることなく借り入れが可能なのもメリットと言えます。

ただし、銀行からお金を借りる場合は審査が若干厳しいのも事実です、とはいってもきちんと定職に付いて収入があればほとんどの場合審査に落ちることはないでしょう、これまでに返済遅延があったりローンカードなどを多く作っているといった方は審査に落ちる可能性がありますので気を付ける必要があります。

もう1つ、銀行カードローンのメリットとしては口座に振り込みができるということもあげられます、要するにインターネットでオンラインで借り入れ処理を行なえば自分の口座にすぐにお金が入金されるのであとは口座からキャッシュカードなどで引き出せば済むというわけです、返済も同じく毎月の約定返済時までに口座に入金さえしておけば自動的に返済できるのも便利な点です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事