okane_kariru1527

銀行でお金を借りるメリットとデメリット

消費者金融機関にて簡単融資、場合によっては即日お金を借りることが可能のご時勢
あえて銀行からお金を借りるメリットはなんでしょうか?
まず第一に挙げられるのは基本的に銀行の金利は住宅や、車のローンといったようなローンの形式によって変動はするものの
消費者金融と比較した場合概して金利が低いという大きな点です。
消費者金融もグレーゾーン金利などが問題になっていた頃と今の金利を比較すると、かなり良心的にはなっているのですが
それでも比較した場合やはり銀行側に軍配が上がるというのが現状です。

また次に挙げられるのはこれは単純にメリットというわけではなく
メリットデメリット双方となり得るのですが、銀行によってそれぞれ審査の基準が違うことです。
消費者金融の場合ほぼ統一されているといってもいいぐらいの基準が出来上がっており
どこかの消費者金融で拒否されるような場合ならば他のところでもほとんど絶望的ですが
銀行はそれぞれ基準が違うので、一度審査に落ちても他の銀行に諦めず審査してもらえば通る可能性もあります。

そんな銀行の審査ですがやはり注視される部分というものはある程度は決まっており
一番には安定した収入があるか否か、このことから大企業勤めや公務員などまず収入が不安定になる恐れがない人の場合
審査で優位に立つことができます。
これに連なり収入がどの程度あるかという事も重要視される項目の一つです
あまりにも収入が少ないのに多額のローンを組もうとしているような場合は当然ですが論外として審査から落ちてしまいます。

消費者金融と銀行ローンを比較した場合即日融資が可能な消費者金融と比較して
銀行ローンが劣るところとして審査期間の長さが存在します。
車や住宅ローンなど前々から計画して審査に望む場合は問題ありませんが
何かしらの事情で急いでお金が必要な場合でも審査は一週間ほどかかってしまうのでそのような場合には
銀行ローンを選択する事は出来ません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事